利用してしまう心理と怖さ

利用してしまう心理と怖さ

闇金融を利用してしまうのは、生活苦からやもう得ず利用してしまうというのがあるでしょう。しかし、日常生活のなかでも賭けごとで損をしたり、だまされたりして大きな金額のお金が必要となり、闇金融を利用してしまうといった場合もあります。「闇金ウシジマくん」でも、登場人物たちは、パチンコで大損をしたり、高級品を大量に買わされたりしてだまされた挙句、闇金カウカウファイナンスで借金してしまいます。
お金が必要だけど手元にない、だから借りないといけない。こういうことを繰り返していると借金は膨大な金額になってしまいます。この時点で債務整理などをすればよいのですが、債務整理をしてしまうと新たな借金ができません。借金を返済するために借金をするなど本末転倒な話ですが、それでもお金を借りなければという気持ちになって目に留まるのが、「即日融資します」などとうたった、闇金融の広告です。「闇金ウシジマくん」でも、借金を重ねてどうしようもない状態になってしまう登場人物が幾人も描かれています。
しかし、簡単に借金ができるなどといった美味しい話というものはありません。闇金融は一度手を出してしまうと手を切ることが難しく、人生を破滅させられるぐらい恐ろしいものです。「闇金ウシジマくん」でも、利用客は、ときには自殺といった形で命を奪われるなどの不幸のどん底に突き落とされ、悲惨な人生を歩まねばならい姿が描かれているのです。