闇金融に情は通用しない?

闇金融に情は通用しない?

闇金融は、一度返済ができなくなると、容赦のない取りたてが始まります。闇金融にとって、利用者は、もはや人ではないのかもしれません。格好の「餌食」なのです。「闇金ウシジマくん」の主人公丑嶋も、負債者を陰では「奴隷くん」と呼んで容赦なく取りたてを行います。

 

闇金融の取りたては、自宅や近所などに迷惑行為が及ぶ場合もあります。また、勤め先にまで取りたてが及び、仕事どころではない状況に置かれる場合もあります。どんなに「お願い」しても、返済が猶予されたり、金額が減ったりなどといったことはありません。「闇金ウシジマくん」でも、集金の際、びた一文負けることはありません。

 

「闇金ウシジマくん」の丑嶋は、たとえ相手が自身のかつての親友であっても、自身の闇金業者のポリシーにのっとって、強制労働送りにしました。これはフィクションでありますが、実際にも利用者を追い詰め、自殺にまで追い込んだ例もあります。一度完済しても、別の業者によって、借金をさせられ、完済させずに心理的に追い込んでいくのです。

 

官報などを見て、自己破産者を対象にダイレクトメールを送る、保証金などの名目でお金をだまし取り、実際の融資をしないなど、その手口は巧妙になってきています。闇金融に情は通用しません。違法な厳しい取りたてに苦しんでいるという事例は多発しているのです。