返済する強い意思

返済する強い意思

闇金融は一度手をだすと、個人ではその関係を切ることは極めて難しく、最悪の場合自身を破滅に追い込んでしまいます。しかし、返済する強い意志やどん底からでも立ち直ろうとする強い意思があれば、そこから抜け出す方法はあります。「闇金ウシジマくん」でも、立ち直りの強い意思と成長ぶりをみせた登場人物に、主人公丑嶋が借金を軽減する場面があります。

 

こうした「闇金ウシジマくん」はあくまでもフィクションです。しかし、「闇金ウシジマくん」の主人公が闇金融としての自らを「人並み以下でありながら人並みの生活をしているクズの人生に終止符を打つ職業」と称していることは、示唆に富むものといえるかもしれません。

 

現実には、生活苦からどうしても闇金融に手を出してしまったという人もいるでしょう。しかし、なんらかの依存症などで、そのお金を工面するために借金を重ねてしまう人も大勢います。また闇金融の手口は年々進化しており、日常生活のなかにも、甘い手口は潜んでいて、からめとられアリ地獄のように抜け出ることができなくなるのです。

 

こうしたことから抜け出すためには、今までの自分の生活に終止符を打とうという強い意思が必要です。そして、交渉力のある専門家に相談してみましょう。近年では、実質的に闇金融から借りた借金は、元金も含めて返済する必要がなくなったという判例や、各都道府県警察署の取り締まりも強化されてきています。